バリ島の概要

バリ島は東南アジアのインドネシアにある島で、観光地としても大変人気があります。バリ島独自の伝統文化と寺院等の歴史的建造物とともにきれいな海と自然に囲まれたリゾート地で、観光とリラックスタイムの両方を楽しむことができます。
日本からは飛行機で約7時間、時差は1時間日本が進んでいるだけですので、日本人が観光するには大変便利な場所に位置しています。公用語はインドネシア語ですが、英語を話す人も多く、観光客向けのホテル内では日本語も通じることがありますので、海外旅行に慣れていなくても安心して旅行することができます。
バリ島は熱帯性モンスーン気候で、年間を通して平均気温が24~32度程の温暖な国で、11~3月の雨季と4~10月の乾季に分かれます。雨季は頻繁に雨が降りますが、一日中降り続くことはなく、数十分から数時間程度降り続いた後は晴れることがほとんどです。
ただし、地域によっては雨量が多い場所もありますので、雨具は必ず持参しましょう。乾季はほとんど雨が降ることがなく、湿度も低いので肌寒く感じることもありますから、旅行の際の洋服は温度調整ができるようにしておきましょう。
サングラスや日焼け止めなどのUVケア用品は季節を問わず必要です。寺院等を観光する際は肌を露出した服装では入れない場合がありますので、ノースリーブやショートパンツ、ミニスカートは避けるようにし、ストールなどの巻きつけられる布を一枚持っておくと便利です。

Copyright © 2014 バリ島への旅行 All Rights Reserved.